監督

 西澤 正仁

 Masahito Nishizawa

 

・生年月日

 1977年7月7日

 

・出身地

 埼玉県

 

・選手歴

 狭山ヶ丘高校(主将)ー亜細亜大(主将)

 

・指導歴

 日体大サッカー部コーチー大宮アルディージャ育成コーチ

 

・資格

 (財)日本サッカー協会公認B級ライセンス

 

 現役時代は本校で活躍し、亜細亜大学へ進学。亜細亜大学では主将を務め、関東リーグや全国総理大臣杯などに出場。卒業後は日本体育大学の男女サッカー部コーチとして指導にあたった。特に女子の指導にあたり、二年連続全国制覇を成し遂げた。また、その間にジュニアユース年代やジュニア年代の育成にもあたった。その後、指導実績を評価され、大宮アルディージャ育成スタッフに就任。4年間プロコーチとして経験を積み、2008年度より狭山ヶ丘高校保健体育科教諭兼サッカー部監督に就任し、現在に至る。

 

 

ヘッドコーチ

 黄川田 賢司

 Kenji Kikawada

 

・生年月日

 1974年10月28日

 

・出身地

 埼玉県

 

・選手歴

 狭山ヶ丘高校-亜細亜大学ーコンサドーレ札幌ー川崎フロンターレ

 Jリーグ 123試合出場 8得点

 ナビスコカップ 6試合出場 1得点

 天皇杯 7試合出場 1得点

 

・資格

 (財)日本サッカー協会公認B級コーチライセンス

 (財)日本サッカー協会公認スポーツマネージャー

 

 Jリーグ、コンサドーレ札幌・川崎フロンターレに所属。岡田武史(元日本代表監督)のもと、札幌のJ1昇格に貢献。その後、川崎フロンターレへ移籍し、2004年に現役を引退。身体能力の高さと気迫あるプレーで人気を博した。

 現在は、コンサドーレ札幌強化部スカウト、水戸ホーリーホック国際事業部プロジェクトリーダー、Jリーグ新人研修講師、Jリーグ版「よのなか」科ファシリテーター、日本サッカー協会こころのプロジェクト「夢先生」などサッカー界での活動は多岐にわたる。

 

コーチ

 金子 拓也

 Takuya Kaneko

 

・生年月日

 1991年6月15日

 

・出身地

 埼玉県

 

・選手歴

 大宮アルディージャジュニアユース(主将)-大宮アルディージャユース(主将)ー日本体育大学

 

・指導歴

 岡山県作陽高等学校(寮監 兼 サッカー部コーチ)

 

・資格

 (財)日本サッカー協会公認C級コーチライセンス

 

 大宮アルディージャ育成選手としてジュニアユース、ユーズ、サテライトを経験し、クラブユースやJユースなどの全国大会に出場した。ユース卒業後、日本体育大学に進学しトップチームで活躍。卒業後、寮監督兼サッカー部コーチとして岡山県作陽高等学校へ赴任。3年間で全国高等学校サッカー選手権大会、全国高等学校学校総合体育大会に出場した。2017年度より本校サッカー部コーチに就任。

 

コーチ

 桑田 直徹

 Kuwata Naomichi

 

・生年月日

 1992年1月8日

 

・出身地

 埼玉県

 

・選手歴

 大宮アルディージャジュニアユース(ゲームキャプテン)-大宮アルディージャユース(ゲームキャプテン)ー東洋大学(ゲームキャプテン)

 

・指導歴

 川越東高等学校

 GRANDE FC

 エレガンテFC(代表)

 クラブドラゴンズ柏

 

・資格

 (財)日本サッカー協会公認C級コーチライセンス

 

 大宮アルディージャ育成選手としてジュニアユース、ユース、サテライトを経験し、クラブユースやJユースなどの全国大会に出場した。ユース卒業後、東洋大学に進学しトップチームで活躍した。全カテゴリーで一年次から10番の司令塔と活躍し、ナショナルTCや埼玉県選抜として国体にも出場した。卒業後、少年から高校年代の指導に携わり、エレガンテFCの代表を務めながら2018年度より本校サッカー部コーチに就任。

 

 

 

GKコーチ

 荒井 佑久也

 Takuya Arai

 

 ・生年月日

  1991年6月15日

 

 ・出身

  埼玉県 

 

 ・選手歴

  大宮アルディージャジュニアユースー大宮アルディージャユース

 

 ・指導歴

  大宮アルディージャ育成GKコーチ

  埼玉県ゴールキーパトレセンスタッフ

 

 ・資格 

  (財)日本サッカー協会公認C級ライセンス

  (財)日本サッカー協会公認C級GKライセンス

 

 大宮アルディージャ育成選手としてジュニアユース、ユース、サテライトを経験し、クラブユースや、Jユースなどの全国大会に出場した。ユース卒業後、ジュニアユース時代のコーチであった西澤監督のオファーを受け、本校のサッカー部GKコーチとして就任し、現在に至る。また、同時に大宮アルディージャ育成GKコーチに就任し、2010年度から4年間、ジュニア、ジュニアユース、ユースのGKを指導した。現在は埼玉県選抜選手を3年連続輩出している。

トレーナー

 坂本 佳宜

 Yoshinobu Sakamoto

 

 ・生年月日

  1988年11月7日

 

 ・出身

  埼玉県 

 

 ・選手歴

   川越南高校(主将)-仙台大学

 

 ・指導歴

  駿河台大学(コーチ兼トレーナー)ー亜細亜大学(コーチ兼トレーナー)

 

 ・資格

  (財)日本サッカー協会公認C級ライセンス

  (財)日本サッカー協会公認C級GKライセンス

  鍼灸師

 

 川越南高校の正GKで主将としてチームを牽引し、高校サッカー選手権大会埼玉県予選でチームを3位に導いた。卒業後、仙台大学に進学しトップチームで活躍し、全国総理大臣杯3位に耀いた。卒業後、鍼灸師の資格を取得し、しま鍼灸接骨院(元加治駅すぐそば)に勤務しながら、駿河台大学サッカー部コーチ兼トレーナーとして5年間勤務し、現在、しま鍼灸接骨院に勤務しながら、亜細亜大学のコーチ兼トレーナーと、2017年1月より本校サッカー部トレーナーに就任している。

アドバイザー兼コーチ

 西澤 武

 Takeshi Nishizawa

 

・生年月日

1950年8月4日 

 

・出身地

 埼玉県

 

・選手歴

 聖望高校-日本体育大学大学

 

・指導歴

城西大学附属川越高等学校

 

 昭和48年に城西川越高校の監督に就任後、わずか4年で、関東大会に出場するチームへ強化した。また、2年後の昭和54年にも関東大会に出場し、チームを着実に埼玉県の強豪校へと成長させた。その後、埼玉県新人戦3位を2度、関東大会埼玉県予選3位を1度、インターハイ埼玉県予選準優勝を1度、全国高校サッカー選手権大会埼玉県予選3位を3度と昭和52年から平成元年まで埼玉県ベスト8以上の成績を出し続けた。また、埼玉県西部地区サッカー高体連委員長を8年間歴任したことに加えて、教え子にも現在ヴァンフォーレ甲府の副社長を務める佐久間悟を始めとする、日本サッカー界に貢献する人材を多数輩出した。

 

Top Next Match

高円宮杯U-18S2リーグ

狭山ヶ丘vs国際学院

2018年7月21

13:30kick off

@埼玉工業大学

Twitter情報