狭山ヶ丘高校サッカー部公式ホームページ

埼玉県私立狭山ヶ丘高校サッカー部

チームカラー:紫

エンブレム:左記のピクチャー

歴史:

1975年度~2007年度 故・安部先生(第一期監督)

2008年度~         現・西澤先生【第二期監督)


部活動スローガン

「常に挑戦者であれ」

 

それぞれが現状に満足することなく、常に目標→挑戦→達成→目標→挑戦→達成・・・というサイクルを継続することによって未来を切り開き、日々成長していく想いが込められています。

 

 

 

 

 

 

部活動理念

 

学業とサッカーを通じて自分自身を高め、

自らの力でそれぞれの道を切り開くことのできる

人物育成を目指しています。

 

部活動方針

「文(学業)部(部活動)両道」

学校生活授業を中心として、グラウンド内外関わらず、高い意識を持って取り組みます。

 

「地域貢献」

地域の方と交流を持ち、私たちの活動が少しでも良い街づくりや活性化に繋がることで、人と人が関わり合うことの重要性を学びます。

 

 親への感謝」

大好きなサッカーができるのは、いつも支え、応援してくれる一番のサポーターであるお父さん、お母さんのおかげです。親への感謝の気持ちを持って、恩返しできるように取り組みます。

 

「本物のフットボーラー」

現代のサッカーといえば、ポゼッションサッカーやカウンターサッカーなど色々なチームスタイルがあります。その時々でトレンドのサッカーはありますが、絶対に勝てるサッカーなど存在しません。チームにスタイルのこだわりは必要ですが、相手のプレッシャーが速いのにつなぐことにこだわりすぎていたり、相手がブロックを作っているのにロングボールを放り込むチームなど、こだわりという枠に縛られたなかでボールを失うチームが多いと感じます。果たしてそこに本物のフットボーラーとしての判断はあるのだろうか?狭山ヶ丘高校サッカー部はもちろん基礎基本は大事にしつつ、相手の状況を見極め、その時々でサッカーが変化できる「判断力」を持った本物のフットボーラーを育成します。

 

部活動ビジョン

 

『入間市から全国へ』

狭山ヶ丘高校サッカー部員は学校のある入間市まで1時間以内に通学できる選手で構成されています。強豪といわれるチームの中には、親里を離れ下宿をしたり、3・4時間かけて通学して頑張っている選手もいます。しかし、私たちはこの地域の方たちが、育ててくれた顔のわかる選手とともに全国大会出場を成し遂げ、地域の方たちと夢や感動を分かち合えるチーム作りをしたいと考えています。しいては、その選手たちが今の経験を活かし、入間市から全国のあらゆる分野で活躍できるように羽ばたいていくことを目標としています。

 

 

Top Next Match

高円宮杯U-18S2リーグ

狭山ヶ丘vs大宮南

2017年4月9

12:00kick off

@西武台高校

Twitter情報